後遺障害の解決までの手順

交通事故後、解決までは、
概ね次のような流れになります。

 

 

1 交通事故の発生

警察に人身事故の届出をします。
治療に専念することが一番ですが、
後日の争いに備え、場合によっては、
事故現場や車両等の写真を撮影しておくなど、
証拠の確保に努めることが必要なこともあります。

2 治療

医療費や病院までの交通費など、
損害賠償請求に備え、領収書を整理してまとめておきます。
加害者や保険会社との交渉内容をメモしておきます。
例えば、大学ノートを1冊使って、
日ごとに、何があったかを記載するとともに、
領収書を貼り付けていってもよいでしょう。

3 保険会社との交渉

症状固定後、
後遺障害等級認定を行います。
加害者が任意保険に加入している場合、
保険会社を通じて等級認定を行うことが多いでしょう。
後遺障害等級が定まれば、
保険会社と本格的な交渉が始まります。
保険会社は、裁判基準に満たないような示談提示を行うことも少なくないです。
保険会社が示談額を提示してきたら、
示談書にサインする前に、
弁護士に相談されることをお勧めします。

4 調停・裁判

保険会社と交渉を重ねても、どうしても納得できない場合には、
調停や裁判を提起することになります。
後遺障害の程度が重いほど、
裁判をした方が、受け取ることができる賠償額が増えることも少なくないです。
もっとも、被害者側の過失割合が大きい場合など、
裁判をしない方がいい場合もあります。
裁判費用との兼ね合いもありますので、
弁護士とよくご相談下さい。

5 損害賠償金の受け取り

示談がまとまった場合、
調停がまとまった場合、
裁判を提起して、和解でまとまったり、判決がなされた場合、
最後に損害賠償金を受け取ることになります。
加害者が任意保険に加入している場合には、
損害賠償金の受け取りはスムーズに行われます。

運営:田邊和喜法律事務所 弁護士田邊和喜(和歌山弁護士会所属)

〒640-8145 和歌山市岡山丁39番地 城下町ビル2階