後遺障害の慰謝料

後遺障害が残った場合、

 

後遺障害の程度(等級)に応じて、

 

後遺障害慰謝料を請求できます。

 

 

 

後遺障害の慰謝料額

後遺障害が残った場合、精神的苦痛を受けます。
この精神的苦痛に対しては、慰謝料を請求できます。

 

精神的苦痛を金銭に換算することは困難ですが、
現在の裁判実務では、
後遺障害の程度(等級)に応じて、
慰謝料額が決められます。

 

裁判で認められる慰謝料額として、一応の目安を示すと次のとおりです。
これは、あくまでも目安です。
実際には、ケースバイケースです。

 

等級 慰謝料額の目安(裁判基準)
第1級 2700〜3100万円
第2級 2300〜2700万円
第3級 1800〜2200万円
第4級 1500〜1800万円
第5級 1300〜1500万円
第6級 1100〜1300万円
第7級 900〜1100万円
第8級 750〜870万円
第9級 600〜700万円
第10級 480〜570万円
第11級 360〜430万円
第12級 250〜300万円
第13級 160〜190万円
第14級 90〜120万円

 

 

運営:田邊和喜法律事務所 弁護士田邊和喜(和歌山弁護士会所属)

〒640-8145 和歌山市岡山丁39番地 城下町ビル2階