相談一覧

14級9号:頚椎捻挫で神経症状の認定を受け、賠償額330万円を獲得した事例

男性(20代)14級9号:頚椎捻挫 1.事故発生 和歌山市在住の男性(20代)が、単車を運転して交差点を直進していたところ、対向してきた加害者運転の自動車が右折しようとして衝突されました。依頼者は、くも膜下出血等の傷害を受けました。くも膜下出血等については治癒しましたが、頚部痛の後遺症状が残りました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、後遺症状に見合った後遺障害等級の認定を受けたいとのこ
続きを読む >>

14級9号:頚椎捻挫で、賠償額が227万円から287万円にアップした事例

男性(30代)14級9号:頚椎捻挫 1.事故発生 有田川町在住の男性(30代)が、自動車を運転して直進していたところ、道路外から右折しようとしてきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受け、頚部痛の後遺症状が残りました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、後遺障害14級9号の認定を受け、損害保険会社から約227万円(過失相殺分を除き、既払い金約87万円を含む)
続きを読む >>

14級9号:頚椎捻挫で、賠償額350万円から475万円にアップした事例

女性(40代)14級9号:頚椎捻挫等 1.事故発生 岩出市在住の女性(40代)が、自動車に同乗中、加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、画像上で異常所見は認め難いと認定されたものの、後遺障害14級9号と認定され、相手方損害保険から約350万円(自賠責後遺障害75万円分を含み、既払い金約345万円を除く)の示談提示を
続きを読む >>

併合14級:頚椎捻挫で、賠償額270万円から336万円にアップした事例

男性(40代)14級9号:頚椎捻挫等 1.事故発生 岩出在住の男性(40代)が、自動車を運転中、加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、後遺障害14級9号と認定され、相手方損害保険から約270万円(既払い金約282万円を除く)の示談提示を受けたが、少ないと思うとのことで、当事務所に相談に来られました。 3.当事務所
続きを読む >>

併合14級:頚椎捻挫・腰椎捻挫で、賠償額198万円から270万円にアップした事例

女性(50代)併合14級:頚椎捻挫・腰椎捻挫等 1.事故発生 由良町在住の男性(50代)が、自動車に乗車中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫・腰椎捻挫等の傷害を受けました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、相手方損害保険に後遺障害認定申請を任せたら、後遺障害が非該当になったとのことで、当事務所に相談に来られました。 3.当事務所の活動 当事務所で後遺障害認定の
続きを読む >>

非該当:頚椎捻挫等で、賠償額が167万円を獲得した事例

女性(30代)非該当:外傷性頚部症候群等 1.事故発生 御坊市在住の女性(30代)が、自動車を運転中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は頚椎捻挫等の傷害を受けました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、後遺障害認定が非該当でしたが、妥当な賠償を求めたいとのことで、当事務所に相談されました。 3.当事務所の活動 当事務所では、適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉しました。
続きを読む >>

非該当:外傷性頚部症候群等で、賠償額が93万円から110万円にアップした事例

男性(20代)非該当:外傷性頚部症候群等 1.事故発生 岩出在住の男性(20代)が、自動車の助手席に乗車していたところ、加害者運転の自動車がセンターオーバーして正面衝突されました。依頼者は外傷性頚部症候群等の傷害を受けました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、治療によって後遺障害は残りませんでしたが、加害者側損害保険から約93万円(既払い金を除く)で示談したいとの提案を受け、当事務所に
続きを読む >>

14級9号:頚部捻挫で、賠償額が146万円から430万円にアップした事例

女性(80代)14級9号:頚部捻挫等 1.事故発生 和歌山市在住の女性(80代)が、青信号に従い横断歩道を歩行中、左折しようとした加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、大腿骨骨折等の傷害を受け、骨折自体は治りましたが、股関節痛の後遺症状が残りました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、後遺障害14級9号の認定を受け、加害者側損害保険から示談の提案を受けましたが、余りにも低額なので
続きを読む >>

14級9号:頚部捻挫で、賠償額132万円を獲得した事例

男性(60代)14級9号:頚部捻挫等 1.事故発生 和歌山市在住の男性(60代)が、自転車で自転車通行可の歩道を直進中、駐車場から道路に出ようとしてきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、頚部捻挫等の傷害を受け、頚部痛の後遺症状が残りました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、後遺障害14級9号の認定を受け、適正な賠償を求めたいとして、当事務所に相談されました。 3.当事務所
続きを読む >>

14級9号:腰椎捻挫で、賠償額が170万円から263万円にアップした事例

男性(40代)14級9号:腰椎捻挫等 1.事故発生 岩出市在住の男性(40代)が、自動車を運転して信号待ちで停止中、後から走行してきた加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、腰椎捻挫等の傷害を受け、腰部痛の後遺症状が残りました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、後遺障害14級9号の認定を受けましたが、上位等級を求めて異議申立中、加害者側損害保険会社の弁護士から、損害額が約170万
続きを読む >>

非該当:頚椎捻挫等で、賠償額が48万円から68万円にアップした事例

男性(50代)非該当:頚部捻挫等 1.事故発生 紀の川市在住の男性(20代)が、自動車に同乗中、運転者が運転を誤り、他車に衝突させました。依頼者は頚椎捻挫等の傷害を受けました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、治療によって、後遺症状なく治癒しましたが、加害者側損害保険から受けた示談提案額では納得できないとのことで、当事務所に相談されました。 3.当事務所の活動 当事務所では、適正な
続きを読む >>

非該当:外傷性頚部症候群等で、賠償額が109万円から168万円にアップした事例

女性(30代)非該当:外傷性頚部症候群等 1.事故発生 和歌山市在住の女性(30代)が、自動車に乗車して駐車場で停車中、加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は外傷性頚部症候群等の傷害を受けました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、後遺障害は非該当でしたが、加害者損害保険から約109万円(既払い金約130万円を除く)で示談したいとの提案を受け、当事務所に相談されました。 3.当事
続きを読む >>

14級9号:外傷性腰痛症で、賠償額が117万円から241万円にアップした事例

男性(40代)14級9号:外傷性腰痛症 1.事故発生 海南市在住の男性(40代)が、歩道を歩行中、路外から道路に出ようとしてきた加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、腰痛症等の傷害を受け、腰部痛の後遺症状が残りました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、後遺障害14級9号の認定を受け、損害保険会社から約117万円(既払い金を除く)の示談提案を受けましたが、少なすぎるのではないかと
続きを読む >>

非該当:頚椎捻挫等で、賠償額が49万円から85万円にアップした事例

男性(50代)非該当:頚部捻挫等 1.事故発生 和歌山市在住の男性(50代)が、自動車を運転中、信号待ちで停止していたところ、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は頚椎捻挫等の傷害を受けました。 2.相談・依頼のきっかけ 依頼者は、治療後、頚部痛が若干残っていましたが、後遺障害認定までは求めないとのことでした。ただ、加害者側損害保険から受けた示談提案額から少しでも増額を求めたいとのこ
続きを読む >>

非該当:頚部捻挫等で、賠償額が97万円から196万円にアップした事例

男性(40代)非該当:頚部捻挫等 1.事故発生 かつらぎ町在住の男性(40代)が、自動車を運転して、安全確認のため交差点手前で停止中、交差道路から前方不注意のまま右折してきた加害者運転の自動車に正面衝突されました。依頼者は頚部捻挫等の傷害を受けました。 2.相談・依頼のきっかけ  依頼者は、治療によって後遺障害は残りませんでしたが、加害者側共済から約97万円(既払い金約91万円と過失相殺分
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
PAGE TOP