後遺障害非該当:頚椎捻挫で、賠償額125万円を獲得した事例

男性(40代)
後遺障害非該当:頚椎捻挫

 

1.事故発生

有田市在住の男性(40代)が、渋滞で停止中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。治療終了後も頚部痛などの後遺症状が残りました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺障害の認定を受けたいとのことで、当事務所に相談されました。

 

3.当事務所の活動

当事務所で後遺障害の申請をしましたが、依頼者は以前に同じ部位に同じ症状で後遺障害14級が認定されていたため、今回は、後遺障害非該当となりました。そこで、傷害部分だけでも、できるだけ裁判基準での賠償を受けることができるよう、積極的に示談交渉を行いました。

 

4.当事務所が関与した結果

裁判基準に近い約125万円(既払い金約46万円を除く)の示談提示をして約165万円(既払い金を除く)での示談がまとまりました。

 

5.解決のポイント(所感)

以前の交通事故で、同じ部位に同じ症状で後遺障害等級が認定されていたときは、それよりも重い等級でないと、新たな後遺障害は認定されませんので、注意が必要です。とはいえ、ムチウチのような神経症状で14級よりも重い等級の認定を受けるには、神経学的な所見が一貫して認められていることなど、かなりハードルが高いです。

 

むちうちの最新記事

PAGE TOP