後遺障害14級:頚椎捻挫で後遺障害の認定を受け、賠償額280万円を獲得した事例

男性(40代)
後遺障害併合14級:頚椎捻挫

 

1.事故発生

日高郡在住の男性(40代)が、信号待ちで停車中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫の傷害を受けました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、頚部痛などの後遺症状が残ったため、後遺障害の認定を受けるとともに、適正な賠償を受けたいとして、当事務所に相談されました。

 

3.当事務所の活動

自賠責に後遺障害の申請をしたところ、初回申請では後遺障害非該当とされてしまいました。しかし、諦めることなく、さらに医療資料をそろえて異議申立をした結果、後遺障害14級9号の認定を受けることができました。そして、当事務所で積極的に示談交渉を行いました。

 

4.当事務所が関与した結果

自賠責から後遺障害分75万円の支払いを受けたほか、205万円(既払い金約93万円を除く)での示談がまとまりました。

 

5.解決のポイント(所感)

このケースでは、症状固定までの整形外科への通院日数が少なかったため、初回申請での後遺障害の認定を受けるのは難しいかなと予想していたところ、やはり非該当とされました。もっとも、この方は、後遺症状が酷かったことから、症状固定後も健康保険を使って通院を続けていたため、異議申立ではその点をアピールし、なんとか後遺障害の認定を受けることができました。

ムチウチの後遺症状が酷い場合は、症状固定後でも、お体のために通院を続けたほうがよいですし、副次的には、そのことが異議申立でも役に立ちます。

 

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

PAGE TOP