後遺障害なし:内臓損傷等で、賠償額が25万円から50万円にアップした事例

男性(10代)
後遺障害なし:内臓損傷

 

1.事故発生

和歌山市在住の男性(10代)が、自転車を運転していたところ、加害者運転の自動車と、交差点で衝突しました。依頼者は、内臓損傷等の傷害を受けました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

被害者は、損傷の程度が比較的軽く、治療により無事に完治しました。その後、相手方損害保険から約25万円(既払い金約22万円を除く)の示談提案を受けましたが、賠償額が安すぎるのではないかとして、親御さんが当事務所に相談に来られました

 

3.当事務所の活動

問題となるのは傷害慰謝料(入通院慰謝料)でした。当事務所で確認すると、相手方損害保険からの示談提案は、裁判基準よりも低額なものでした。そこで、当事務所で積極的に示談交渉を行うこととなりました。

 

4.当事務所が関与した結果

50万円(既払い金を除く)での示談がまとまりました。

 

5.解決のポイント(所感)

賠償額が比較的少額の場合、弁護士費用を自己負担することとなると、示談交渉を弁護士に依頼するかどうかは微妙な問題です。

 

この件では、被害者に弁護士費用特約が利用できましたので、弁護士費用を気にすることなく、弁護士に示談交渉を依頼することができ、賠償額の増額を受けることができました

 

不意の事故に備え、任意保険に加入するときは、弁護士費用特約を付けておくと安心です

 

その他(胸腹部臓器、外貌以外の醜状、鎖骨など)の最新記事

PAGE TOP