併合14級:頚部挫傷で後遺障害認定を受け、賠償額165万円を獲得した事例

女性(40代)
後遺障害併合14級:頚椎捻挫

 

1.事故発生

和歌山市在住の女性(40代)が、自動車を運転して信号待ちで停止中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚部挫傷等の傷害を受けました。その後、治癒を続けたものの、手の痺れなどの後遺症状が残りました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、手の痺れの後遺症状について後遺障害14級の認定を受けましたが、納得できる賠償を受けたいとして、当事務所に相談されました

 

3.当事務所の活動

当事務所では、できるだけ裁判基準での賠償を受けることができるよう、積極的に示談交渉を行いました。

 

4.当事務所が関与した結果

当初、相手方損害保険は、約121万円(既払い金約168万円を除く)の示談提示をしてきましたが、結局、裁判基準に近い約165万円(既払い金を除く)での示談がまとまりました。ご依頼をお受けしてから約1ヶ月のスピード解決となりました。

 

5.解決のポイント(所感)

示談書にサインする前に、交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。特に後遺障害認定を受けることができたときには、示談交渉は弁護士に依頼することをお勧めします。被害者ご自身で交渉されるより、受け取ることができる賠償額がアップする可能性が高いです。

 

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

PAGE TOP