後遺障害なし:むちうち症で、賠償額が67万円から100万円にアップした事例

男性(30代)
後遺障害なし:むちうち症

 

1.事故発生

和歌山市在住の男性(30代)が、自動車を運転中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、むちうち症の傷害を受けました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、治療の結果、後遺障害という程の後遺症状は残りませんでしたので、当初、ご自身で示談交渉されました。そうしたところ、相手方損害保険から約67万円の示談提案を受け、賠償額が安すぎるのではないかとして、当事務所に相談されました

 

3.当事務所の活動

相手方損害保険からの示談提案には、依頼者が小売の自営業であることを理由に休業損害が計上されていませんでした。しかし、依頼者は通院などのため休業を余儀なくされたという事実がありましたので、当事務所で積極的に示談交渉を行いました。

 

4.当事務所が関与した結果

休業損害を含め、100万円(既払い金約60万円を除く)での示談がまとまりました。

 

5.解決のポイント(所感)

被害者が勤め人である場合には、仕事を休んだたかどうかは出勤簿などではっきりするのですが、自営業者の場合には、必ずしも仕事を休んだたかどうかがはっきりしないため、休業損害の有無が争いとなることがときどきあります。とはいえ、自営業者の場合でも、交通事故により休業を余儀なくされたのであれば、休業損害がきちんと認められるべきです

 

むちうちの最新記事

PAGE TOP