14級9号:頚椎捻挫の後遺障害認定を受け、賠償額237万円を獲得した事例

男性(50代)
14級9号:頚椎捻挫

1.事故発生

和歌山市在住の男性(50代)が、赤信号交差点手前まで単車で直進していたところ、加害者運転の自動車が、赤信号をショートカット左折しようとして交差点手前のスペースに急に左折し、衝突されました。依頼者は、肋骨骨折・頚椎捻挫等の傷害を受けました。骨折自体は治癒しましたが、頚部痛の後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、頚部痛の後遺症状について後遺障害認定を受けたいとして、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で、相手方加入の自賠責であるJA共済に後遺障害認定申請をしたところ、後遺障害非該当とされました。さらに、JA共済に異議申立をしましたが、後遺障害非該当とされました。そこで、当事務所では、自賠責保険・共済紛争処理機構に、後遺障害認定につき紛争処理申請を行いました。

4.当事務所が関与した結果

自賠責保険・共済紛争処理機構では、無事に、後遺障害14級9号の認定をうけることができました。その後、示談交渉を行い、ほとんど裁判基準どおりの約237万円(既払い金を除き、自賠責後遺障害分を含む)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

JA共済の後遺障害認定は、どういうわけか、渋いです。時間もかかって、大変です。

>>>後遺障害についての詳しい説明はこちら

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

PAGE TOP