非該当:腰部痛で、賠償額120万円を獲得した事例

女性(30代)
非該当:腰部痛

1.事故発生

和歌山市在住の女性(30代)が、自動車を運転して信号待ちで停車中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、外傷性腰部症候群等の傷害を受け、腰部痛の後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺症状に見合った後遺障害等級の認定を受けたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、整形外科への治療日数が少なく、腰部痛での後遺障害認定を受けるのは難しいと思われ、その旨をご説明させていただきました。

依頼者は、それでも後遺障害認定を求めたいとのことでしたので、当事務所で認定申請を行いました。

4.当事務所が関与した結果

申請の結果、やはり後遺障害は非該当との認定でした。やむを得ませんので、これを前提に積極的に示談交渉を行った結果、120万円(既払い金を除く)での和解がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

頚椎捻挫や腰椎捻挫などのムチウチ症状で後遺障害の認定を受けるためには、積極的に整形外科(場合によっては脳神経外科等)で医師の治療を受けていたかどうかをチェックされ、通院日数が少ないと後遺障害認定を受けるのが難しくなります。

痛みがあるのでしたら、まずは後遺症状が残らないようにするため、積極的に医師の治療を受けられることをお勧めします。また、そうしておけば、万一、後遺症状が残ってしまったときに、後遺障害の認定が受けられやすくもなります。

>>>後遺障害についての詳しい説明はこちら

PAGE TOP