14級9号:頚椎捻挫で神経症状の認定を受け、賠償額330万円を獲得した事例

男性(20代)
14級9号:頚椎捻挫

1.事故発生

和歌山市在住の男性(20代)が、単車を運転して交差点を直進していたところ、対向してきた加害者運転の自動車が右折しようとして衝突されました。依頼者は、くも膜下出血等の傷害を受けました。くも膜下出血等については治癒しましたが、頚部痛の後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺症状に見合った後遺障害等級の認定を受けたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

医療資料を集めて後遺障害認定申請をしたところ、無事、後遺障害14級9号の認定を受けることができました。その後、損害保険会社との間で、できるだけ適正な賠償額を獲得できるよう示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

頚部痛のため就業に支障をきたしているということを、賠償額でどのように評価するかが最大の争点でしたが、最終的には、依頼者も納得できる約330万円(過失相殺分と既払い金と自賠責後遺障害分75万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

依頼者の頚部痛の症状は相当重かったのですが、これを裏付けるような神経学的所見や画像所見がありませんでした。このような場合は、後遺障害14級9号の認定を求めることとなるのですが、後遺症状の残存を裏付けできるような医療資料を集めることができるかどうかが、後遺障害認定を受けるうえでの一つのポイントになります。

>>>後遺障害についての詳しい説明はこちら

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP