非該当:環指挫傷で、賠償額183万円を獲得した事例

女性(40代)
非該当:環指挫傷

1.事故発生

和歌山市在住の女性(40代)が、原付で青信号にしたがって交差点を直進中、交差道路から赤信号を無視して直進してきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、右環指挫傷等の傷害を受け、痛みの後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、痛みの後遺症状について後遺障害認定を受けたいとして、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で後遺障害認定申請をしましたが、残念ながら非該当となりました。
そこで、少なくとも裁判基準での賠償額を獲得できるよう、積極的に示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

当事務所の請求どおり、約183万円(既払い金約45万円を含む)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

依頼者の指には骨折はなく、画像にも特段の異常所見もなかったことから、痛みの後遺症状については後遺障害非該当となってしまいました。このような場合に痛みで後遺障害認定を受けるのは、なかなか大変なのが実情です。

>>>後遺障害についての詳しい説明はこちら

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

PAGE TOP