10級7号:親指の機能障害で、賠償額が856万円から1055万円にアップした事例

女性(70代)
10級7号:親指の機能障害

1.事故発生

和歌山市在住の女性(70代)が、原付を運転して交差点を直進中、同一方向を進行してきた加害者運転の自動車が左折する際に巻き込まれました。依頼者は、左親指脱臼・肋骨骨折等の傷害を受け、親指の可動域制限の後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺障害10級7号の認定を受け、損害保険会社から約856万円(既払い金約744万円を含む)の示談提案を受けましたが、少ないように思うとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、依頼者がご高齢で働いておられなかったことから逸失利益はないものの、慰謝料額などについては裁判基準の賠償額に足りないものでした。そこで、 当事務所では、できるだけ適正な賠償額を獲得できるよう、積極的に示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

依頼者は裁判までは求めないとのことでしたので、裁判基準の賠償額より少し譲歩し、交渉開始後約1か月で、約1055万円(既払い金を含む)での示談がまとまりました

5.解決のポイント(所感)

依頼者のご意向に沿い、早期解決が実現できてよかったと思います。

9級〜11級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

PAGE TOP