併合14級:頚椎捻挫で、賠償額270万円から336万円にアップした事例

男性(40代)
14級9号:頚椎捻挫等

1.事故発生

岩出在住の男性(40代)が、自動車を運転中、加害者運転の自動車に衝突されました。
依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺障害14級9号と認定され、相手方損害保険から約270万円(既払い金約282万円を除く)の示談提示を受けたが、少ないと思うとのことで、当事務所に相談に来られました。

3.当事務所の活動

当事務所で、できるだけ裁判基準での賠償額を獲得できるよう、積極的に交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

当事務所の積極的な示談交渉の結果、裁判基準に近い約336万円(既払い金を除く)で交渉がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

相手方損害保険から示談提案を受けても、裁判基準どおりの金額とは限らず、むしろ裁判基準より低額なことが多いです。

ですので、相手方損害保険から示談提案を受けたからといって、そのまま示談せず、示談前に一度は弁護士に相談されることをお勧めします。

>>>後遺障害についての詳しい説明はこちら
>>>頚椎捻挫(むちうち)についての詳しい説明はこちら

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP