14級9号:頚部捻挫で、賠償額461万円を獲得した事例

女性(50代)
14級9号:頚部捻挫等

1.事故発生

有田市在住の女性(50代)が、自動車に乗車中、加害者運転の自動車に追突されました。
依頼者は、頚部捻挫等傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、交通事故後の通院中から今後の対応について相談したいとのことで、当事務所に来られました。

3.当事務所の活動

依頼者は頚椎捻挫の症状が重いとのことでしたので、症状改善のため整形外科で積極的にリハビリに努めるよう、ご指導しました。

しかし、交通事故から7ヶ月経っても症状が改善しなかったことから症状固定となり、当事務所で受任し、被害者請求の方法で後遺障害認定申請をしました。

4.当事務所が関与した結果

当事務所で資料をそろえ、いわゆる被害者請求の方法で、直接自賠責に認定申請した結果、無事、14級9号の後遺障害認定を受けることができました。

引き続き、当事務所で、できるだけ裁判基準での賠償額を獲得できるよう、積極的に交渉を行い、裁判基準に近い約461万円(既払い金約173万円を含む)で交渉がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

いわゆるムチウチのときは、まずは後遺症状が残らないように、積極的にリハビリに努めましょう。それでも、結果として後遺症状が残ってしまったときには、きちんと後遺障害認定を受けたいところです。

後遺障害認定を受けることができなければ、後遺症状に見合った賠償を受けることが難しくなってしまいます。

後遺障害認定を受ける際には、どれだけ整形外科や脳神経外科などの病院で積極的にリハビリに努めていたかどうかが一つのポイントになりますから、まめにリハビリ通院することはとても大切です。

>>>後遺障害についての詳しい説明はこちら
>>>頚部捻挫(むちうち)についてはこちら

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

PAGE TOP