非該当:頚椎捻挫等で、賠償額が167万円を獲得した事例

女性(30代)
非該当:外傷性頚部症候群等

1.事故発生

御坊市在住の女性(30代)が、自動車を運転中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺障害認定が非該当でしたが、妥当な賠償を求めたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所では、適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉しました。

4.当事務所が関与した結果

主婦としての休業損害を含め、約167万円(既払い金約49万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

依頼者は弁護士費用特約を利用され、自己負担なしでご依頼をお受けすることができました。一度、弁護士費用特約を付けているかどうか、確認されることをお勧めします。

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP