非該当:外傷性頚部症候群等で、賠償額が93万円から110万円にアップした事例

男性(20代)
非該当:外傷性頚部症候群等

1.事故発生

岩出在住の男性(20代)が、自動車の助手席に乗車していたところ、加害者運転の自動車がセンターオーバーして正面衝突されました。依頼者は外傷性頚部症候群等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、治療によって後遺障害は残りませんでしたが、加害者側損害保険から約93万円(既払い金を除く)で示談したいとの提案を受け、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で、適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉しました。

4.当事務所が関与した結果

依頼者は、裁判までは求めないとのことで、裁判基準から多少譲歩した約110万円(既払い額約93万円を除く)で示談できました。

5.解決のポイント(所感)

裁判基準全額を求めるか、早期解決を優先して多少譲歩するかは、難しい問題ですが、裁判基準との差が少額であれば、早期解決を優先するのも十分合理的な解決方法だと思います。

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP