14級9号:頚部捻挫で、賠償額が146万円から430万円にアップした事例

女性(80代)
14級9号:頚部捻挫等

1.事故発生

和歌山市在住の女性(80代)が、青信号に従い横断歩道を歩行中、左折しようとした加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、大腿骨骨折等の傷害を受け、骨折自体は治りましたが、股関節痛の後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺障害14級9号の認定を受け、加害者側損害保険から示談の提案を受けましたが、余りにも低額なのではないかとして、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所では、裁判基準での賠償額を獲得できるよう、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

裁判基準どおりの約430万円(既払い金約170万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

依頼者は、ご主人と同居して家事労働をしていましたが、加害者側損害保険から示談の提案では、主婦としての休業損害や逸失利益がほとんど認められていませんでした。主婦(兼業主婦も含む)の場合、加害者側損害保険は、休業損害や逸失利益をあまり認めないことが多く、認めてもごく少額であることも多いです。当事務所でなくても構いませんので、示談をする前に弁護士にご相談下さい。

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP