14級9号:腰椎捻挫で、賠償額が170万円から263万円にアップした事例

男性(40代)
14級9号:腰椎捻挫等

1.事故発生

岩出市在住の男性(40代)が、自動車を運転して信号待ちで停止中、後から走行してきた加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、腰椎捻挫等の傷害を受け、腰部痛の後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺障害14級9号の認定を受けましたが、上位等級を求めて異議申立中、加害者側損害保険会社の弁護士から、損害額が約170万円(自賠責分及び既払い金を除く)だとする民事調停を申し立てられたために、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

結局、異議申立でも後遺障害14級9号の認定のままだったので、当事務所では、これを前提として裁判基準での賠償額を獲得できるよう、調停内外で交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

調停外で裁判基準に近い約224万円(自賠責分75万円及び既払い金約395万円を除く)での示談がまとまり、調停は取り下げられました。

5.解決のポイント(所感)

加害者側損害保険会社の弁護士から民事調停を申し立てられることは、ままみられますが、加害者側の言いなりになる必要はありません。対応に困ったときは、どうぞ弁護士にご相談下さい。

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP