12級6号:肘関節の機能障害で、賠償額が754万円から1095万円にアップした事例

女性(40代)
12級6号:肘関節の機能障害

1.事故発生

和歌山市在住の女性(40代)が、原付を運転して交差点を進行中、信号無視の加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、左肘骨折等の傷害を受け、肘関節の可動域制限の後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺障害12級6号の認定を受け、損害保険会社から約754万円(既払い金を除く)の示談提案を受けましたが、これが妥当なものなのか知りたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、特に休業損害や逸失利益部分の損害額が少なく、裁判基準での賠償額に及ばないものでした。そこで、当事務所では、できるだけ裁判基準での賠償額を獲得できるよう、積極的に示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

依頼者は裁判までは求めないとのことで、交渉開始後2か月以内で、裁判基準より多少譲歩した約1095万円(既払い金約535万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

当事務所としては、裁判をしてもう少し増額を狙いたいところではありましたが、依頼者のご意向が一番ですので、早期解決を優先させて示談することとなりました。裁判をして裁判基準全額を求めるか、早期解決を優先して多少譲歩するかは、何を優先させるかという問題で、どちらが正解というものではありません。当事務所では、依頼者のご希望に沿いたいと考えています。

 

12級〜14級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

PAGE TOP