非該当:外傷性頚部症候群等で、賠償額が109万円から168万円にアップした事例

女性(30代)
非該当:外傷性頚部症候群等

1.事故発生

和歌山市在住の女性(30代)が、自動車に乗車して駐車場で停車中、加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は外傷性頚部症候群等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺障害は非該当でしたが、加害者損害保険から約109万円(既払い金約130万円を除く)で示談したいとの提案を受け、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討した結果、加害者損害保険からの示談提案には、主婦としての休業損害額等が少ないことから、適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉を進めました。

4.当事務所が関与した結果

当事務所で主婦としての休業損害額等を積極的に主張した結果、約168万円(既払い額を除く)で示談できました。

5.解決のポイント(所感)

被害者が主婦の場合、加害者損害保険からの示談提案は、休業損害額が裁判基準よりもかなり低額となっていることが多いようです。主婦でも家事労働に支障をきたした分を休業損害として請求できますので、ご留意下さい。

 

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP