非該当:頚椎捻挫等で、賠償額が49万円から85万円にアップした事例

男性(50代)
非該当:頚部捻挫等

1.事故発生

和歌山市在住の男性(50代)が、自動車を運転中、信号待ちで停止していたところ、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、治療後、頚部痛が若干残っていましたが、後遺障害認定までは求めないとのことでした。ただ、加害者側損害保険から受けた示談提案額から少しでも増額を求めたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所では、適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉しました。

4.当事務所が関与した結果

 依頼者は裁判までは求めないとのことで、交渉開始後1週間程度で、裁判基準に近い約85万円(既払い金約84万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

依頼者がご自身で示談交渉するのと、弁護士が入って示談交渉するのとでは、まだまだ結果に差がでることが多いようです。示談書にサインする前に、当事務所でなくても構いませんので、一度は弁護士に相談されることをお勧めします。

 

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP