14級9号:頚椎捻挫で、賠償額が141万円から224万円にアップした事例

男性(40代)
14号9号:頚椎捻挫等

1.事故発生

岩出市在住の男性(40代)が、自動車を運転中、後から走行してきた加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受け、頚部痛の後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後遺障害14級9号の認定を受け、損害保険会社から約141万円(既払い金を除く)の示談提案を受けましたが、これが妥当なものなのか知りたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、特に後遺障害部分の損害額が少なく、裁判基準での賠償額に満たないものでした。そこで、 当事務所では、できるだけ裁判基準での賠償額を獲得できるよう、積極的に示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

依頼者は裁判までは求めないとのことで、交渉開始後1か月以内で、裁判基準に近い約224万円(既払い金約130万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

時間と労力を掛けてでも裁判基準での賠償を目指すか、早期解決を優先させて裁判基準に近いところで示談してしまうかは、どちらが正解というものではなく、結局のところ何を優先させるかという問題です。事故に区切りをつけるため、早期解決を優先させたいという方も、実際多いです。当事務所では、依頼者のご希望に沿うような解決を目指しています。

 

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP