後遺障害なし:頚部挫傷で賠償額70万円で示談できた事例

1.事故発生

 みなべ町在住の女性(40代)が自動車を運転中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚部挫傷等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、通院治療の結果、症状が概ね治癒しました。その後の示談交渉についてどうするか悩まれていたところ、以前、当事務所で交通事故のご依頼をお受けした方の知人からの紹介で、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所において、主婦としての休業損害や、通院慰謝料など、裁判基準で損害額を計算し、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉開始から約1ヶ月で、無事、裁判基準に近い約70万円(既払い金約31万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 弁護士は、法律業務を全般的に取り扱うことができますが、その範囲が広いため、交通事故を多く取り扱っている弁護士もいれば、中には、ほとんど交通事故を取り扱ったことがない弁護士もいます。交通事故の被害について相談されるのでしたら、やはり、その分野を多く取り扱っていて、その分野に詳しい弁護士にご相談されることをお勧めします。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP