後遺障害なし:頚椎捻挫で賠償額33万円で示談できた事例

1.事故発生

 みなべ町在住の女性(20代)が自動車に同乗中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、通院治療の結果、症状が概ね治癒しました。その後の示談交渉についてどうするか悩まれていたところ、同乗のご家族とともに、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 依頼者のご家族の保険の弁護士費用特約を利用して、当事務所で受任し、裁判基準で損害額を計算して、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉開始から約2ヶ月で、ほぼ裁判基準どおりの約33万円(既払い金約11万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 交通事故では、被害者ご自身で示談交渉されるよりも、弁護士に依頼した方が示談額がアップすることが多いです。しかし、比較的短期間の通院でお怪我が治癒されたような場合には、弁護士に依頼することでアップする慰謝料額などにも限界があり、そのような場合に、弁護士費用を自己負担して弁護士に依頼するかどうかは、慎重な判断が必要です。そんなときでも、弁護士費用特約があれば、弁護士費用の自己負担なく弁護士に依頼できますので、安心です。また、ご自身の任意保険に弁護士費用特約を付けていなかった場合でも、同居のご家族が加入されている任意保険に弁護士費用特約があれば、保険会社にもよりますが、これを利用できることも多いです。もし交通事故にあわれたときは、弁護士費用特約が利用できるかどうかを、確認してみましょう。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP