後遺障害なし:ムチウチで賠償額が9万円から40万円にアップした事例

1.事故発生

 日高郡在住の女性(20代)が横断歩道を歩行中、ノーブレーキで右折してきた加害者運転の自動車に衝突され、打撲や捻挫などの傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、事故後2ヶ月余りで治療を終え、相手側共済から賠償額約9万円(既払い金約44万円を除く)とする示談提案を受けました。しかし、事故によって被った被害に比べて低額ではないかと思われた依頼者のご家族が、弁護士会の相談会に来られ、当事務所の弁護士が相談を担当しました。

3.当事務所の活動

 相手側共済からの示談提案の内容は、通院期間に比べ、通院慰謝料額が裁判基準よりもかなり低額なものでした。そこで、当事務所において、裁判基準で損害額を計算しなおして、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 ご依頼いただいてから約1週間で、概ね裁判基準である約40万円(既払い金を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 弁護士会の相談に来られたご家族は、被害者ご本人の任意保険に弁護士費用特約がなかったことから、てっきり弁護士費用が自己負担になると思われていました。しかし、同居のご家族が加入されている任意保険に弁護士費用特約を付けていれば、これを利用できることも多いです(保険会社にもよります)。この点をご相談でお話し、ご家族の任意保険を確認いただいたところ、弁護士費用特約が利用できることが分かりました。弁護士費用特約が使えるかどうか、事故に遭われた時は、一度、確認してみましょう。

むちうちの最新記事

PAGE TOP