後遺障害併合14級:頭部打撲後の頭痛等で賠償額393万円を獲得した事例

1.事故発生

 和歌山市在住の男性(30代)がバイクで道路を直進中、道路沿いにある駐車場から急に飛び出しきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、頭部打撲、胸椎・頚椎捻挫、歯牙欠損等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、頚部痛、腰痛等の後遺症状が残り、相手方任意保険に認定手続を任せる事前認定の方法で、後遺障害等級認定を求めましたが、非該当とされました。しかし、非該当には納得できないとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で医療資料などを整え、被害者側が直接自賠責保険に認定手続を行う被害者請求の方法で異議申立を行なった結果、無事、頚部痛と腰痛等で後遺障害併合14級の認定を受けることができ、自賠責から後遺障害分75万円の支払いを受けることができました。そのうえで、相手方任意保険との間で、積極的に示談交渉を行ないました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉の結果、依頼者も納得できる約318万円(既払金約112万円を除く)での示談がまとまり、自賠責後遺障害分75万円と合わせると、合計393万円を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

 後遺障害等級認定を求めるためには、2つの方法があります。1つは、相手方任意保険に認定手続を任せる方法で、これを事前認定といいます。もう1つは、被害者側が直接自賠責保険に認定手続を行う方法で、これを被害者請求といいます。相手方任意保険に認定手続を任せる事前認定では、後遺障害診断書を相手方任意保険に持っていけば、あとは相手方任意保険が書類をそろえて全て手続を行ってくれるので、とても楽です。しかし、相手方任意保険がそろえるのは、申請に必要な最低限の書類だけで、申請をするのに必須ではないが、被害者が後遺障害認定を受けるためにはあったほうがいいような書類などは、当然、そろえてもらえません。場合によっては、申請をするのに必須ではないのに、わざわざ相手方任意保険の顧問医の意見書などを添付して申請することもあるようです。やはり、本気で後遺障害認定を求めるのであれば、書類をそろえるなどの手間はかかりますが、被害者側が直接自賠責保険に認定手続を行う被害者請求をしたほうがいい場合が多いです。後遺障害認定についてのご相談は、被害者請求など、交通事故に詳しい弁護士にされることをお勧めします。

12級〜14級の最新記事

打撲の最新記事

PAGE TOP