後遺障害なし:打撲等で賠償額が27万円から42万円にアップした事例

1.事故発生

 橋本市在住の女性(20代)が、原付で直進しようと交差点に進入したところ、同一方向から交差点に進入して右折してきた加害者運転の自動車に巻き込まれました。依頼者は、打撲等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、治療の結果、概ね治癒し、相手損害保険側から賠償額約27万円(既払い金約61万円を除く)とする示談提案を受けました。しかし、事故によって被った苦痛等に比べて低額ではないかと思い、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で検討したところ、相手損害保険側からの示談提案内容は、おおむね自賠責基準で計算しており、そのため過失相殺は控除しないものの、過失相殺を踏まえた裁判基準より低額なものでした。そこで、依頼者の保険の弁護士費用特約を利用して、当事務所で受任し、裁判基準で損害額を計算しなおして、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 ご相談いただいてから約1ヶ月で、依頼者も納得できる約42万円(既払い金と過失相殺分を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 自賠責基準で損害額を計算する場合、被害者側に重い過失がない限り、過失相殺はなされません。これは、自賠責が被害者保護のため最低限の支払いを保障するものだからです。しかし、被害者側の過失がそれほど大きくない場合は、過失相殺を考慮しても、裁判基準で計算したほうが、自賠責基準で計算するよりも、受取額が高くなることが多いです。これとは逆に、被害者側の過失が相当大きい場合は、過失相殺を考慮しない自賠責基準で計算したほうがよいこともあります。過失相殺など、相手方損害保険からの示談提案額に納得できないときは、弁護士にご相談ください。

打撲の最新記事

PAGE TOP