後遺障害14級:頚椎捻挫で後遺障害認定を獲得し、賠償額300万円を獲得した事例

1.事故発生

 和歌山市在住の女性(50代)が、前方を走行していた乗り合いバスがバス停で停止したため、自車も減速して、バスに続いて停止させようとしたところ、すぐ後方を走行していた加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、今後の加害者側共済との示談交渉が心配だとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 依頼者は、事故から6ヶ月後に症状固定となりました。しかし、依頼者は、症状固定後も頚部の痛みが残るとのことでしたので、当事務所で後遺障害申請をしたところ、最初の申請では後遺障害非該当と認定されました。そこで、治療中の症状が一貫していたことや、症状固定後も依頼者が健康保険での通院治療を続けていることなどを訴え、異議申立を行なった結果、無事、後遺障害14級9号の認定を受けることができました。そのうえで、当事務所で示談交渉を行ないましたが、加害者側共済がなかなか回答せず、示談交渉が進みませんでした。そのため、当事務所で日弁連交通事故相談センターに和解あっせんを申立てました。

4.当事務所が関与した結果

 当事務所において、依頼者が後遺障害で不利益を受けている事情を、具体的かつ詳細に示したことなどから、時間はかかりましたが、裁判基準に近い300万円(自賠責分75万円と既払い金を除く)での和解がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 痛みやシビレなどの神経症状で後遺障害等級の認定を受けるための条件が、近年、どんどん厳しくなっているようで、初回の申請では、後遺障害非該当と判断されてしまうことも多いです。そのような場合でも、初回で諦めるのではなく、医療資料をそろえて、再申請(いわゆる異議申立)をすることで、非該当認定を覆し、後遺障害等級の認定を受けることができることもあります。その際、どれだけ医療資料をそろえることができるかがポイントとなり、例えば、症状固定後もなお、健康保険での通院治療を続けていることなどは、有力な資料となります。症状固定時においてもなお、痛みやシビレなどの神経症状が残っているときは、やはり、お体のためには健康保険を使ってでも治療を継続するのがよいと思いますし、そのことが異議申立のときにも活きてきます。

12級〜14級の最新記事

PAGE TOP