後遺障害12級:大腿骨骨折後の股関節機能障害で賠償額が380万円から710万円にアップした事例

1.事故発生

 和歌山市在住の女性(60代)が原動機付自転車を運転して、信号機のないT字路交差点を直進していたところ、前をよく見ていなかった加害者運転の右折自動車に衝突されました。依頼者は、転倒し、左大腿骨転子部骨折等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、骨折部は癒合したのですが、左股関節に機能障害(運動制限)が残り、後遺障害12級の認定を受けました。そして、加害者側損害保険より、当初、約380万円(既払い金を除く)の示談提案を受けました。しかし、依頼者は、この示談提案額には納得できなかったため、インターネットで当事務所のホームページを見て、相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で検討したところ、相手方損害保険からの示談提案額は、裁判基準よりも相当低いものでした。特に、専業主婦としての休業損害額や逸失利益額が、かなり低額となっていました。そこで、裁判基準で示談できるよう、積極的に示談交渉を行ないました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉において、過失割合にも争いがあったのですが、最終的には、当初の示談提案額より大幅に増額し、依頼者も納得できる約710万円(既払金約329万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 相手方損害保険は、交通事故の被害者がご自分で示談交渉される場合には、裁判基準をかなり下回る示談提案をしてくるケースが多いように思われます。特に、後遺障害等級が認定された場合には、相手方損害保険が示してくる示談提案額と、弁護士に依頼すれば実現できたであろうと思われる金額との差額が、大きくなりがちです。後遺障害等級が認定された場合、示談書にサインしてしまう前に、弁護士にご相談されることをお勧めします。

初回無料相談実施中!

交通事故に関わるご相談は当事務所にお任せ下さい。

親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、

まずは無料相談をご利用ください。

お電話でのご予約は073-433-0027までお気軽にご相談ください。

ご相談から解決までの流れについて詳しくはこちら>>

page-image_0003
和歌山で交通事故のことなら田邊和喜法律事務所までお気軽にご相談下さい 073-433-0027

 

12級〜14級の最新記事

PAGE TOP