後遺障害なし:頚椎捻挫で賠償額が17万円から25万円にアップした事例

1.事故発生

 和歌山市在住の男性(40代)が自動車を運転中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、約1か月余りの通院治療を終え、加害者側損害保険より、約17万円(既払い金を除く)の示談提案を受けました。依頼者は示談提案額が余りにも安いのではないかと思い、インターネットで当事務所のホームページを見て、相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で検討したところ、相手損害保険側からの示談提案内容は、裁判基準より低額なものでした。そこで、依頼者の保険の弁護士費用特約を利用して、当事務所で受任し、裁判基準で損害額を計算しなおして、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉開始から約1週間で、無事、請求額どおりの約25万円(既払い金除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 お怪我が比較的軽い場合、相手方損害保険からの示談提案額から見込まれる増額分がそれほど多くないこともあり、弁護士に依頼されるかどうかは、弁護士費用との兼ね合いで慎重に判断する必要があることもあります。しかし、そのような場合でも、弁護士費用特約を利用できれば、弁護士費用を心配することなく、弁護士が依頼をお受けすることができます。弁護士費用特約は便利な特約ですので、付けておくことをお勧めします。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP