後遺障害なし:頚椎捻挫で賠償額140万円で示談できた事例

1.事故発生

 紀の川市在住の女性(40代)が自動車を運転中、直前を走行していた自動車が右折のため減速したことから、自車も減速したところ、前方をよく見ていなかった加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、腰椎捻挫、頚椎捻挫、両手関節捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、通院治療の結果、症状が概ね治癒しました。その後の示談交渉について悩まれていたところ、通院していた整骨院から当事務所を紹介されて、相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所において裁判基準で損害額を計算し、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 依頼者は兼業主婦をされていたので、休業損害が主な争点となりました。途中、相手方共済から比較的低額な主張をされましたが、最終的には、示談交渉開始から1か月余りで、依頼者も納得できる約140万円(既払い金を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 加害者側の損害保険や共済からの示談提案は、裁判基準よりも下回ることが多く、特に、主婦の方などの家事労働の休業損害について低額に評価する傾向が多いように思われます。これは、お勤めをされている方の休業損害のように金額が定まっていないためです。ですから、主婦の方が交通事故被害にあわれたときは、特に休業損害額について注意が必要です。示談交渉でお悩みのときは、どうぞ弁護士にご相談ください。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP