後遺障害なし:骨盤骨折で賠償額が46万円から90万円にアップした事例

1.事故発生

 和歌山市在住の女性(20代)が原付で走行中、信号標識のない交差点で、直進してきた加害者運転の自動車と、出会い頭に衝突しました。依頼者は、骨盤骨折等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、治療の結果、概ね治癒し、相手損害保険側から賠償額約46万円(既払い金約41万円と過失相殺分を除く)とする示談提案を受けました。しかし、事故によって被った苦痛等に比べて低額ではないかと思われ、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 相手損害保険側からの示談提案は、通院実日数が比較的少ないことなどを理由として、傷害慰謝料を裁判基準より低額な内容とするものでした。そこで、当事務所において、受傷内容が重いことなどを主張して、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 ご相談いただいてから約1ヶ月で、依頼者も納得できる約90万円(既払い金と過失相殺分を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 通院期間に比べて通院実日数が少ない場合など、相手損害保険側は、そのことを理由に、傷害慰謝料(通院慰謝料)を低額に主張してくることがあります。相手方損害保険から示談提案があれば、その内容が妥当かどうかをチェックするため、示談をしてしまう前に、一度は交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。

その他(胸腹部臓器、外貌以外の醜状、鎖骨など)の最新記事

PAGE TOP