後遺障害併合14級:骨折後の痛みで、賠償額が184万円から450万円にアップした事例

 

1.事故発生

 紀の川市在住の女性(50代)が信号機のない交差点を歩行して横断中、狭い路地から交差点に進入して右折してきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は転倒し、左橈骨遠位端骨折、右大腿骨内側顆部剥離骨折、右足関節両踝骨折の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、骨折後に手関節痛、膝関節痛、足関節痛などの後遺症状が残り、後遺障害併合14級の認定を受けました。その後、加害者側損害保険より、約184万円(既払い金及び過失割合分を除く)の示談提案を受けました。しかし、依頼者は示談提案金額が少ないのではないかと考えたため、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で検討したところ、確かに、相手損害保険側からの示談提案内容は、特に主婦としての休業損害額や逸失利益額について、裁判基準より低額なものでした。そこで、当事務所において、裁判基準で損害額を計算しなおし、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉の結果、依頼者も納得できる450万円(既払金約936万円及び過失割合分を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 被害者ご本人で示談交渉された場合、相手方損害保険は、裁判基準を下回る示談提案をしてくることが多いようです。特に、主婦としての休業損害額や逸失利益額について、その傾向が多いように思われます。相手方損害保険からの示談提案額が届いたときは、示談をまとめてしまう前に、少なくとも一度は、交通事故に詳しい弁護士にご相談されることをお勧めします。

12級〜14級の最新記事

PAGE TOP