後遺障害なし:腰部挫傷で休業損害が全て認められ、賠償額59万円で示談できた事例

1.事故発生

 紀の川市在住の男性(20代)がトラックを運転中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、腰部挫傷等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 当初、相手方損害保険は、物損の損害額が少額なため、それほど大きなお怪我をされていないはずなので、休業損害については1週間分しか支払うことは出来ないと主張していました。しかし、依頼者は、腰痛のため1か月休業しており、納得できなかったため、示当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所において、1か月の休業の必要性を強調して、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉の結果、交渉開始から1か月余りで、1か月の休業損害全額を含め、当事務所の主張額全額を認める内容で、約59万円(既払い金約17万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 物損の損害額が少額な場合、相手方損害保険から、衝突の衝撃がそれほど大きくないと主張され、それほど大きなお怪我はされていないはずだと主張されることがあります。そのため示談交渉がこじれることもありますが、今回のケースでは、休業損害全額がきちんと認められてよかったです。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP