後遺障害なし:賠償額が143万円で示談できた事例

1.事故発生

 和歌山市在住の女性(50代)が自転車で走行して変形交差点に進入したところ、別方向から同一変形交差点に進入してきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、骨盤骨折等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、示談交渉について依頼したいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所において裁判基準で損害額を計算し、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 変形交差点での衝突事故であり、過失割合と損害額が争点となりました。相手損害保険が過失割合についての主張に強いこだわりがありましたが、損害額についての当方の主張については相当程度譲歩してきたことや、依頼者も早期解決を希望されたことなどから、最終的には、依頼者も納得できる約143万円(既払い金と過失割合分を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 典型的な事故態様での過失割合については、事案ごとに不公平がないよう、別冊判例タイムズで類型化されており、示談交渉や裁判でもこれに基づいて解決が図られます。もっとも、変形交差点での衝突事故のように非典型的な事故態様の場合、過失割合をどうするかについては、なかなか難しいところがあります。
過失割合でお困りのときは、交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。

その他(胸腹部臓器、外貌以外の醜状、鎖骨など)の最新記事

PAGE TOP