後遺障害非該当:頚椎捻挫・腰椎捻挫で賠償額132万円獲得した事例

1.事故発生

 大阪府在貝塚市在住の男性(40代)が自動車を運転し、信号待ちのため一時停止中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

  依頼者は、事故から7ヵ月後に相手方損害保険より治療費の立替払いを打ち切るといわれ、後遺障害申請をするため、インターネットで当事務所のホームページを見て、相談されました。

3.当事務所の活動

 依頼者は、以前にも事故に遭われ、同一部位・一症状で後遺障害14級9号の認定を受けておりましたので、今回の事故での後遺障害等級認定は難しいものと思われました。しかし、依頼者としては、念のため今回も後遺障害申請をしたいとのご意向でしたので、難しいとの見込みを説明のうえ、当事務所で後遺障害申請をしました。結果的には後遺障害非該当となりましたが、少なくとも傷害部分については、できる限り裁判基準での賠償を受けられるよう、積極的に示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

示談交渉の結果、依頼者も納得できる約132万円(既払金を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 以前の事故で、同一部位・同一症状で後遺障害等級の認定を受けていた場合、前回の認定を上回る等級の認定を受けることができなければ、後遺障害非該当とされてしまいます。ムチウチなどによる神経症状では、後遺障害が認定されたとしても14級とされることが多く、以前の事故で後遺障害14級が認定されていた場合、これを上回る12級の認定を受けるのはなかなか大変なことです。もっとも、同一部位・同一症状でない場合、例えば、以前の事故では首の痛みで後遺障害14級が認定されていたが、今回は腰の痛みで後遺障害を求めたいとか、以前の事故では首の痛みで後遺障害14級が認定されていたが、今回は首からくる手のシビレで後遺障害を求めたいというような場合には、別途、後遺障害14級の認定を受けることができます。
後遺障害の認定でお困りのときは、交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。

初回無料相談実施中!

交通事故に関わるご相談は当事務所にお任せ下さい。

親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、

まずは無料相談をご利用ください。

お電話でのご予約は073-433-0027までお気軽にご相談ください。

ご相談から解決までの流れについて詳しくはこちら>>

page-image_0003
和歌山で交通事故のことなら田邊和喜法律事務所までお気軽にご相談下さい 073-433-0027

 

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP