後遺障害なし:頚椎捻挫で賠償額が48万円から74万円にアップした事例

1.相談・依頼のきっかけ

和歌山市在住の女性(20代)が自動車で直進中、反対車線から対向してきた自動車が合図なしで右折してきたため、衝突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

依頼者は、事故後すぐに当事務所のホームページをご覧になり、過失割合や今後の示談交渉について相談されました。その後、治療の結果、症状が概ね治癒し、相手損害保険側から賠償額約48万円(既払い金約71万円を除く)とする示談提案を受けました。しかし、提案された示談額に納得できなかったため、当事務所に示談交渉を依頼されました。

2.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、相手損害保険側からの示談提案内容は、慰謝料について概ね自賠責基準で計算しているものであり、また、主婦としての休業損害について全く考慮していないものでした。そこで、当事務所において、裁判基準で損害額を計算しなおし、主婦としての休業損害に対する賠償を含め、示談交渉を行いました。

 

3.当事務所が関与した結果

示談交渉開始から1か月余りで、主婦としての休業損害に対する賠償を含め、依頼者も納得できる約74万円(既払い金を除く)での示談がまとまりました。

4.解決のポイント(所感)

交通事故の被害者がご自分で示談交渉される場合、相手方損害保険は、裁判基準を下回る示談提案をしてくることが多いです。ですから、示談書にサインする前に、交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。一度はご相談されることをお勧めします。また、本件では、事故後すぐにご相談いただきましたので、通院等のアドバイスもすることができました。交通事故にあわれたら、早めに弁護士にご相談されるのがよいでしょう。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP