後遺障害併合12級:賠償額が619万円から1050万円にアップした事例

1.事故発生

和歌山市在住の女性(50代)が道路脇を歩行中、後方から依頼者を追い抜こうとした加害者運転の原動機付自転車に衝突されました。依頼者は、肋骨骨折、右上腕部挫傷、頚椎捻挫、右肩挫傷、感音難聴、耳鳴り症等の傷害を受けました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、耳鳴りや手足のシビレなどの後遺症状が残り、後遺障害併合12級の認定を受け、加害者側損害保険より、当初、約422万円(既払い金約178万円を除く)の示談提案を受けました。その後、依頼者がご自身で交渉した結果、加害者側損害保険より、改めて、約619万円(既払い金を除く)の示談提案を受けました。しかし、それは、依頼者がインターネットで調べた裁判基準の賠償額よりも少ないものでした。そこで、依頼者は、インターネットで当事務所のサイトを見て、相談されました。

 

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、確かに、相手損害保険側からの示談提案内容は、裁判基準より低額なものでした。そこで、当事務所において、裁判基準で損害額を計算しなおし、示談交渉を行いました。

 

4.当事務所が関与した結果

示談交渉開始から1か月余りで、概ね裁判基準となる約1050万円(既払い金を除く)での示談がまとまりました。

 

5.解決のポイント(所感)

被害者ご本人で示談交渉された場合、相手方損害保険は、裁判基準を下回る示談提案をしてくることが多いようです。相手方損害保険からの示談提案額を鵜呑みにするのではなく、一度は交通事故に詳しい弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

12級〜14級の最新記事

その他(胸腹部臓器、外貌以外の醜状、鎖骨など)の最新記事

むちうちの最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

PAGE TOP