後遺障害なし:ムチウチ症で、賠償額が72万円から108万円にアップした事例

女性(40代)
後遺障害なし:頸椎捻挫

1.事故発生

 海南市在住の女性(40代)が、自動車を運転中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頸椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、症状が治癒し、相手損害保険側から賠償額約72万円(既払い金を除く)とする示談提案を受けました。しかし、以前当事務所に相談されたご主人の知人から、「交通事故で示談してしまう前に、一度は弁護士に相談した方が絶対よい」というアドバイスを受け、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で検討したところ、相手損害保険側からの示談提案内容は、兼業主婦としての休業損害がかなり低額なものでした。そこで、当事務所において、休業損害額を計算しなおし、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 相手損害保険側は、物損の損害額が少ないため、追突による衝撃が少なかったはずだから、家事労働への悪影響は少なかったはずだと主張してきましたが、最終的には、依頼者も納得できる約108万円(既払い金約62万円と過失相殺分を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 損害額が少ない場合、弁護士費用特約がないと、弁護士費用が自己負担となりますので、弁護士が示談交渉することにより見込まれる増加額と、弁護士費用とを比較して、弁護士に依頼するかどうかを慎重に判断しなければなりません。幸い、このケースでは弁護士費用特約が使えましたので、弁護士費用を気にせず、依頼をお受けすることができました。任意保険の更新の際には、弁護士費用特約があるかどうか、チェックされることをお勧めします。

むちうちの最新記事

PAGE TOP