後遺障害非該当:外傷性頸部症候群、腰椎捻挫で、賠償額100万円を獲得した事例

女性(40代)
後遺障害なし:頸椎捻挫

1.事故発生

 紀の川市在住の女性(40代)が、自動車を運転して信号待ちで停車中、前方をよく見ていなかった加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頸椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、事故から間もなく当事務所に相談されました。できるだけ後遺症状が残らないようにするため、また、仮にあとあと後遺症状が残ったとしても、きちんと後遺障害の認定を受けることができるようにするため、まめに整形外科に通院されるようアドバイスしました。結局、依頼者は、頚部から肩にかけての痛みが残ってしまったため、改めて当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 依頼者は、仕事が忙しかったため、結果的に、整形外科にはあまり通院できませんでした。そのためか、当事務所で後遺障害認定申請をしましたが、残念ながら、後遺障害は非該当と認定されてしまいました。依頼者としては、認定結果はやむを得ないとのことでしたので、その後、当事務所で積極的に示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉を始めてから1か月足らずで、兼業主婦としての休業損害も含め、約150万円(既払い金約40万円を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 いわゆるムチウチ症、頸椎捻挫、腰部捻挫などの明白な外傷を伴わない神経症状でも、後遺障害等級の認定を受けることができます。

もっとも、最近は自賠責による認定がかなり厳しく、整形外科に6ヶ月以上通院することが必要とされるだけでなく、整形外科への通院実日数が概ね100日以上ないと、後遺障害は非該当と認定されることが多いような印象です。

後遺症状が残ったとしても、後遺障害非該当とされてしまうと、後遺症状部分の賠償を受けることができなくなってしまいます。ムチウチ症などで症状が重いときは、まめに整形外科に通院されることをお勧めします。

むちうちの最新記事

PAGE TOP