後遺障害14級:頸椎捻挫で、後遺障害認定と賠償額288万円を獲得した事例

女性(50代)
後遺障害14級:頸椎捻挫

1.事故発生

 和歌山市在住の女性(50代)が、自転車で幹線道路の交差点の自転車横断帯を直進中、対向車線から左折してきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、頸椎捻挫、頭部打撲等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、いわゆるムチウチ症により、頚部痛や両手のシビレが残りました。相手方損保に後遺障害認定手続きを任せたところ、事前認定で14級9号の認定を受けました。そこで、妥当な賠償を受けたいとして、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 依頼者は、早期解決を優先し、裁判までは希望しないのことでしたので、当事務所で積極的に示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉の結果、1か月足らずで、裁判基準に近い約288万円(既払い金約60万円と、過失相殺5%分を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 依頼者の希望に沿い、早期に示談解決することができて、よかったです。

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

PAGE TOP