後遺障害なし:頸椎捻挫で、賠償額130万円を獲得した事例

女性(40代)
後遺障害非該当:頸椎捻挫

1.事故発生

 岩出市在住の女性(40代)が、自動車に同乗中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頸椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、治療の結果、普段は気にならない程度まで症状が回復しましたが、相手損害保険側に弁護士が付いたとのことで、示談交渉のために、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 依頼者は、適正な示談解決を希望されましたので、当事務所で積極的に示談交渉を行うことになりました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉の結果、依頼者としても納得できる約130万円(既払い金を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 依頼者は、パート勤めの兼業主婦でしたので、休業損害額が争点となりました。相手損害保険側弁護士は、パートはほとんど休んでないのだから、家事労働への支障はそれ程なかったはずだと主張してきました。当事務所としては、収入減少を避けるために、パートはなるべく休まなかったが、そのぶん、家事労働にしわ寄せが来たと主張しました。結果的には、依頼者としても納得できる額での示談がまとまりましたが、家事労働の休業損害額というのは、よく争点になります。

 家事労働の休業損害(いわゆる主婦休業損害)については、相手損害保険の提案金額が、裁判基準に比べて低いことが多いですので、示談する前に、ぜひ、弁護士にご相談ください

PAGE TOP