後遺障害非該当:頸椎捻挫で、後遺障害認定と賠償額111万円を獲得した事例

女性(60代)
後遺障害非該当:頸椎捻挫

1.事故発生

 紀の川市在住の女性(60代)が、自動車を運転していて渋滞で停止中、玉突き事故で、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頸椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、相手損害保険側から途中で治療費の立替払いを打ち切られました。その後も、健康保険を使って治療を続けましたが、治療後も頚部の疼痛が残りました。そこで、適切な後遺障害等級認定を受けたいとして、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で、自賠責に対し、未払い治療費の請求と、後遺障害等級認定申請をしました。その結果、自賠責から未払治療費約36万円は支払われることになりましたが、残念ながら、後遺障害については非該当との認定を受けました。依頼者は、この際、異議申立せずに早期に示談解決したいとのご意向でしたので、当事務所で示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 示談交渉の結果、相手損害保険側から途中で治療費の立替払いを打ち切られた後の、健康保険を使って治療を続けた部分についても、交通事故との因果関係があることを前提に、約75万円(既払金治療費約83万円を除く)での示談がまとまり、自賠責から支払われた未払治療費約36万円と合わせて、合計約111万円の賠償を受けることができました。

5.解決のポイント(所感)

 相手損害保険側が治療費の立替払いをすることが通常ですが、相手損害保険側がこれ以上の治療については交通事故との因果関係がないと判断した場合、相手損害保険側から途中で治療費の立替払いを打ち切られてしまうことがあります。そのような場合でも、主治医がまだ治療の必要があると判断しているのであれば、健康保険を使って治療を続けるべきです。そして、自賠責の傷害120万円の枠がまだ残っているのであれば、自費で負担した部分について、自賠責に支払いを請求するのも、一つの方法です。

 

むちうちの最新記事

PAGE TOP