後遺障害非該当:中指環指骨折で、賠償額86万円を獲得した事例

女性(10代)
後遺障害非該当:中指環指骨折

1.事故発生

 和歌山市在住の女性(10代)が、原付を運転して交差点を直進しようとしたところ、同一方向から交差点に進入して左折しようとした加害者運転の自動車に巻き込まれて衝突しました。依頼者は、右中指環指骨折等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、骨折自体は治癒したのですが痛みなどの後遺症状が残りました。そこで、適切な後遺障害の認定を受けたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で後遺障害申請をしましたが、残念ながら、後遺障害等級非該当とされました。

当事務所としては異議申立をすすめたのですが、依頼者は、この際、早く解決したいとのことでしたので、後遺障害非該当を前提に、示談交渉を進めることにしました。

 

4.当事務所が関与した結果

 相手方側の過失割合等についての主張がなかなか頑なで、依頼者と相談の結果、早く解決することを優先させ、そこそこのところで解決することとし、結果的に約86万円(既払い金と過失割合分を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 時間と労力をかけて、裁判をしてまで頑張るか、あるいは、早期解決を優先させ、そこそこのところで示談をするかは、なかなか難しい問題で、どちらが正解というものではありません。

当事務所では、依頼者とよく相談しながら、できるだけそのご希望に沿うような解決を目指しています。

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

PAGE TOP