後遺障害非該当:頸部捻挫・腰部捻挫で、賠償額155万円を獲得した事例

男性(40代)
後遺障害:頸部捻挫・腰部捻挫

1.事故発生

 紀の川市在住の男性(40代)が、自動車を運転して信号待ちで停止中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頸椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、頸部捻挫・腰部捻挫での痛みなどの後遺症状が残りました。そこで、適切な後遺障害の認定を受けたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で後遺障害申請をしましたが、残念ながら、後遺障害等級非該当とされました。

異議申立をすることも検討したのですが、依頼者は、そこまでは求めないとのことでしたので、後遺障害非該当を前提に、示談交渉を進めることにしました。

ところが、相手方共済は、自営業者の依頼者の休業損害を約28万円として、合計約106万円(既払い金約66万円を除く)しか支払わないとのことでした。

依頼者は納得できないとのことでしたので、当事務所で、交通事故紛争処理センターに和解あっせんを申立てました。

 

4.当事務所が関与した結果

 交通事故紛争処理センターの担当者の勧めもあり、合計約155万円(既払い金を除く)での和解がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

 自営業者の場合、休業損害額をどのようにとらえるかは、非常に難しい問題です。このときは、事故による怪我の症状や通院に時間をとられたことによる不都合を、できるだけ具体的かつ詳細に報告文書にまとめ、交通事故紛争処理センターの担当者にご理解いただき、それなりの金額での和解あっせん案をいただくことができ、和解に結びつきました。

 また、裁判をすると、どうしても時間と労力がかかるうえ、裁判官がどのような判断をするかやってみなければわからないというリスクもあります。示談交渉がまとまらないときは、いきなり裁判をするのではなく、交通事故紛争処理センターの和解あっせんや、日弁連交通事故相談センターの示談あっせんなど、第三者を入れた話し合いの手続をするのも、一つの手です。

むちうちの最新記事

PAGE TOP