後遺障害14級:頸椎捻挫で、賠償額188万円を獲得した事例

女性(20代)
後遺障害:頚椎捻挫

1.事故発生

 和歌山市在住の女性(20代)が、自動車を運転し、信号機のない交差点を直進したところ、一時停止規制のある側から進入してきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、頸椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、頸椎捻挫後の後頚部の疼痛などの後遺症状が残りました。そこで、適切な後遺障害の認定を受けたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で後遺障害申請をしたところ、14級9号の後遺障害の認定を受け、自賠責から後遺障害分75万円の支払いを受けました。

 これに対し、相手方損害保険は、示談では約111万円(既払い金と過失相殺20%分を除く)しか支払わないとのことでした。

 刑事事件記録を取り寄せて検討した結果、このケースでは、過失相殺20%とされるのはやむを得ないものと思われました。

 しかし、依頼者としては、過失相殺20%とされるのはどうしても納得できないとのことでした。
そのため、当事務所で裁判を起こしました。

 

4.当事務所が関与した結果

 依頼者は、過失相殺10%を主張しましたが、相手方損害保険側は、裁判では、過失相殺30%を主張してきました。

 当事務所において、依頼者の言い分などを丁寧に裁判所に示しましたが、結果的には、裁判所が113万円(既払い金と過失相殺20%分を除く)とする和解提示をし、裁判所和解案どおりの和解がまとまりました。

 依頼者は、自賠責から支払いを受けた後遺障害分75万円を含めると、合計188万円の賠償を受けることができました。

5.解決のポイント(所感)

 当事者双方の主張が対立し、示談交渉などの話し合いではまとまらないときには、最終的には、裁判で解決を図るよりほかありません。

 もっとも、このケースのように、ひとたび裁判となれば、相手方損害保険側が、示談段階での主張内容よりも、被害者側に厳しい主張をしてくることも、よくあります。

 それだけに、裁判で決着をつけるか、それとも、ある程度のところで折り合いを付けて話し合いでまとめるかは、なかなか判断の難しいところです。

 

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

PAGE TOP