後遺障害14級:頸椎捻挫で、賠償額300万円を獲得した事例

女性(20代)
後遺障害:頚椎捻挫

1.事故発生

 和歌山市在住の女性(20代)が、自動車の後部座席に同乗中、信号機のない交差点で、交差道路の横から進入してきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、頸椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、頸椎捻挫後の左腕の痺れなどの後遺症状が残りました。そこで、適切な後遺障害の認定を受けたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で後遺障害申請をしたところ、14級9号の後遺障害の認定を受け、自賠責から後遺障害分75万円の支払いを受けました。

 しかし、相手方損害保険は、示談では約193万円(既払い金と過失相殺分を除く)しか支払わないとのことでした。

 そのため、当事務所で裁判を起こしました。

 

4.当事務所が関与した結果

 当事務所において、依頼者が後遺障害で不利益を受けている事情を、具体的かつ詳細に裁判所に示したことなどから、裁判所から225万円(既払い金と過失相殺分を除く)の和解提示を受けることができ、裁判所和解案どおりの和解がまとまりました。

 依頼者は、自賠責から支払いを受けた後遺障害分75万円を含めると、合計300万円の賠償を受けることができました。

5.解決のポイント(所感)

 このケースでは、依頼者が後部座席でシートベルトをしていなかったことから、過失相殺として10%控除されてしまいました。

 後部座席でもシートベルト着用が義務化されています。身体の安全を守るために、後部座席でもシートベルトを着用しましょう。

 

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

PAGE TOP