非該当:頚椎捻挫等で、賠償額100万円を獲得した事例

男性(50代)
後遺障害:頚椎捻挫

1.事故発生

 和歌山市在住の男性(50代)が、自転車で信号機のない交差点を直進中に、これと交差する道路側から一時停止を無視して交差点に進入してきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、頚椎捻挫・右膝挫傷等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、頚部のつっぱり感や膝の痛みなどの後遺症状が残りました。そのため、後遺障害の認定を受けたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 当事務所で自賠責申請(いわゆる被害者請求)を行ないました。もっとも、主治医の先生が作成された診断書の内容が後遺障害を求めるには弱いものでしたので、後遺障害の認定は難しいものと思われ、その旨を依頼者に説明しました。結局、後遺障害は非該当との認定をされました。

そこで、せめて裁判基準の賠償を受けられるよう、当事務所で積極的に示談交渉を行いました。

 

4.当事務所が関与した結果

 後遺障害非該当としては概ね裁判基準となる約100万円(既払い金約57万円と過失相殺分を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

後遺障害の認定を求める場合、主治医の先生が作成された診断書の内容が大きなポイントの一つになります。医師は大変多忙ですから、時には診断書の内容が事実と微妙に異なるニュアンスのような記載となってしまうことも、ないわけではありません。そのような場合には、後遺障害の認定申請をする前に、事実に沿うように修正を求める必要があります。ただ、修正に応じていただけるかどうかは、主治医の先生のご判断によります。当然ですが、事実と異なるような修正を求めることは、絶対にいけません

 

むちうちの最新記事

PAGE TOP