後遺障害なし:頚椎捻挫で、賠償額175万円を獲得した事例

男性(40代)
後遺障害なし:頚椎捻挫

1.事故発生

岩出市在住の男性(40代)が、自動車を運転中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫の傷害を受けました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、治療の結果、後遺症状はあまり気にならない程度まで回復しました。しかし、相手方損害保険から、示談額はまだはっきり検討できていないが、約80万円程度になる見込みだというような話を聞き、安すぎるのではないかとして、当事務所に相談されました。

 

3.当事務所の活動

依頼者が自営業であることから、休業損害として計上できるものをきちんと計上し、当事務所で積極的に示談交渉を行いました。

 

4.当事務所が関与した結果

休業損害を含め、175万円(既払い金を除く)での示談がまとまりました。

 

5.解決のポイント(所感)

被害者が自営業者の場合、休業損害の有無や金額が争いとなることがあります。損害保険側は、自営業者の休業損害を低めに計算してくることが多いような印象を受けます。しかし、休業損害として計上できるものはきちんと計上して、示談交渉すべきです。

むちうちの最新記事

PAGE TOP